「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

色 即 是 空

周利槃特

富士河口湖町公認ネイチャーガイド制度がある

ほぼ月に一度、西湖こうもり穴で定時ガイドの当番が回ってきます
このガイドが詰めているのがガイド控え室



!!・・・c0181039_9121724.jpg!!・・・・




・・・・・


c0181039_922395.jpg







周利槃特のように、自分の当番の時には掃除を続けることが修行だと自分に言い聞かす


周利槃特とは

[PR]
# by fujiecotour | 2015-09-08 09:27

自然界の仕組み

c0181039_11263589.jpg


ツチハンミョウが居た
このツチハンミョウはとても運が良かったみたいだ
テレビでファーブル昆虫記をやっていた。

それに依ると、このツチハンミョウは4000個ほどのタマゴを産み,タマゴから孵った幼虫は花に登る
そして蜜を摂りにくるハナバチをひたすら待つ

ハナバチがやってきたら、その体に跳び乗ってハナバチの巣に運ばれ
そのハナバチの幼虫を食べて大きくなる。

でも他の虫に食べられたり、花にやってきた他の蜂や虫達にしがみついてしまったらそれっきり
成虫になる確率はとても低いのだそうだ。

多くが食べられてしまう、ツチハンミョウの幼虫、でもその幼虫がいるから他の昆虫の命をつなぐ。
幼虫を食べてしまうツチハンミョウの幼虫を運ぶハナバチも、その輪の中にいる。

自然界には無駄なものはないそうだ、全てがつながり合って多様性を育んでいる
部屋の中に虫が入ってきたらつぶしてしまう人がいる、私の奥さんもその一人。

でも、その虫たちが自然界の中の大事な一環を負っていると思えば殺すような気はおきない。

・・・でも蚊やハエは殺しちゃうな、やっぱ

[PR]
# by fujiecotour | 2014-08-11 11:31

金属の輝きをもつ不思議な生き物発見

梅雨の中休みか、よく晴れていたが朝までの雨で蒸し暑かったが、森の中は心地よい風が吹いていた。
山沿いの道を歩いていると、ふと妙なものが目に入った。
なんだろう?こわごわ近づいて観察すると、金色に輝く突起が不気味な生物である。

宇宙人のさなぎじゃないのか?
仲間が言う
いや神様じゃないのか?光っているし
もう一人の仲間も言う

家に帰りビールを飲みながら図鑑で調べてみたら
なぁ~んだ、ウラギンスジヒョウモンのさなぎだった。
c0181039_1402350.jpg

[PR]
# by fujiecotour | 2014-06-30 14:00

鹿害(ろくがいと読むらしい)

自然環境の悪化

いま全国で鹿などの野生動物が増えてきているようだ
そのうち大きな問題になっているのが鹿害(ろくがい)のようだ

高山へ進出して高山植物を食い荒らし、雷鳥の餌が減っているらしい
樹皮を食い荒らされて森の木が枯れてしまっているらしい、らしいと言うより枯れている

鹿が増えた原因の一因が、オオカミが絶滅したことに依るということだ。
オオカミの絶滅は、西洋犬の持ち込んだ病気に依ることが大きな原因だという。

自然界ではバランスが崩れた場合、そのバランスを戻す力が働くという
たとえば

鹿が増えると、それを食べるオオカミが増える、オオカミが増えると食べられて鹿が減る、鹿が減ると餌が不足するのでオオカミが減る、オオカミが減ると鹿が増える・・というように


そんな食物連鎖の頂点にいたオオカミの代わりをしてきたのがハンターだ
そのハンターも公安委員会の理不尽とも言える締め付けと、それを助長してきた世間の声が
ハンターの絶滅を招いている

水色の線はハンターの数

c0181039_1118367.jpg


その結果が鹿害やイノシシの農業被害にでてきてしまっている


c0181039_11244229.jpg
c0181039_11245355.jpg

人間が関わる事によって壊れたしまった自然
そのオオカミの代わりに自然のバランスととっていたハンター
そのハンターがまた偏見によって絶滅の危機を迎えている

[PR]
# by fujiecotour | 2014-02-21 11:27

ゆき・・と言っても昔の愛人の名前じゃない


前号までのあらすじ
大雪のあと、ひまな隊長は、青木ヶ原樹海を突き抜ける国道139号線を走っていて、奇妙な光景に出くわした。


国道の両側は雪の壁になって、その高さは背丈を超すほど
車の通行量は非常に少ない

百メートルほど前を走る大型自動貨車(トラック)がゆっくりと走っている
その後ろに一台の車が見える、前の自動貨車がじゃまなのか、時々右側にはみ出している
その大型自動貨車の横に「なんだ?車と併走して走っているのは人なのか?・・でもそれが、蜃気楼のようにぼやけて霊のように見えた??」

そう思うのも無理はない、ここは自殺で有名な青木ヶ原樹海
年に百人を越す人がここから黄泉の国へ旅立つ

やがて,のろのろと走る自動貨車に追いついた
すると!自動貨車の前を走っているのはなんと二頭の鹿だ
その鹿が今度は向きを変えて、対向車線をこっちに向かってくる
森の中は深雪なので、雪の無い道路へ出てきたようだ。

とっさに車を停めて、車に積んである立ち往生脱出用円匙(えんぴ)(適性語でスコップ)を手にとり,今夜の食料を追いかけた

鹿を追うように対向して来た車のおばさんは,目をまるくして驚愕の表情でこちらを注視している。
やがて少ないとはいえ国道、何台かの車が詰まってきた、それに、さすがは野生動物
人間の足ではとても追いつけない、残念ながら国道を疾駆して逃げる鹿を見送り、好奇な目をさけるように、その場所を去った・・

猟友からメールが来た
そのメールには、除雪が終わった村中にイノシシが走り回っていた、そしてそのイノシシの解体が今終わったところだと・・また、伊○商○の除雪車のバケットの中で鹿が休んでいて、そしてそれは今、薫製になっているところらしいと・・

この大雪で野生動物は難儀をしている事だろう
そのまま飢え死にをして雪に埋もれてしまうと、その動物は菩薩になれない
他の命の血となり肉となってこそ、その命は菩薩になる。と、お釈迦様は教えている

なので、そのような動物達を救う為にも、はやく山へ行き菩薩になる手助けをしたいものである。


おしまい
写真は餌がなくて我が家の前に現れた日本の国鳥


c0181039_16384068.jpg
[PR]
# by fujiecotour | 2014-02-20 16:46

山で出会った天狗

一月二十六日、日曜日
今年は寒いズラ、とても寒いズラ
そんな寒い日でも、日中の最高気温が七度くらいだと暖かく感じるズラ。

西湖の雪頭ヶ岳の中腹、標高は千メートルを超えるあたりの雑木林
蝶が居た、枯葉の地面に陽をあびて体を温めるようにして羽を拡げて

図鑑で調べたらテングチョウのようだ
春までもうすぐズラ
頑張って春に羽ばたくズラ
ここでまた春に会うべえよ
c0181039_9354351.jpg

[PR]
# by fujiecotour | 2014-01-27 09:37

美味しい鍋の具を入手

ボタン鍋の具が獲れました
(食材ですが、念のため顔にモザイクを施しています)

家の裏に吊してあります、近所から好奇な目で見られないようにシートで覆ってあります。
c0181039_14461937.jpg

[PR]
# by fujiecotour | 2013-12-09 14:47

冬山彷徨

1人山を徘徊す


日曜日、仲間が崖から落ちて半矢(怪我)になったので、1人で山へ遊びに出掛けた

静かな雑木の急斜面で、なにやら空気がざわめくように感じて耳を澄ました。
....
なにか出たな?猟師の勘だ
斜面を登っていくと、鹿の新しい群れの足跡を見つけた
さっきのはこれか?

今日は1人だ、
1、単独犬無しで猪を獲るのは難しいが・・いいや足跡ウォッチングでもして遊ぼうと鹿の足跡を追った
c0181039_16474537.jpg

2登っていくと古い猪の足跡があった
c0181039_16481118.jpg

3これ鹿の足跡
c0181039_16482827.jpg

4鹿と猪の交差している足跡があった
c0181039_16491100.jpg

5これはウサギ、さて、どっちへ進んでいるでしょう
c0181039_1649162.jpg

6キツネの足跡もある
c0181039_16493550.jpg

7リスの足跡もあった
c0181039_16495662.jpg

登山道に出て登って行くと、ツガイのハイカーと出会った

山賊のような格好なので、怖がられないように傍らに避けて道を譲る

こんにちは・・コンニチハ

その場で立ち止まり下るハイカーを見送っていると、二人は暫く下ってから此方をふり返っていた
山賊の格好でハイカーと出会うと様々な表情に出会う。

夕方になって山を下った・・ああ面白かった・・おしまい


[PR]
# by fujiecotour | 2013-02-22 16:55

周利槃特

c0181039_11371669.jpg
掃除の話


もし私がなれるとしたら、
どんな修行者になりたいと尋ねられたら
迷わず「周利槃特みたいな人」と答えたい。

毎朝私は掃除をしている

部屋の一部だけが担当だが、モップをかけて雑巾掛けをして
「あそこの隅は・・面倒だから明日にしよ」

しかし思い直して、その気が付いた場所にも雑巾をかけると
雑巾が汚れていることに気づき「ああ、掃除をして良かった」と気づく

その昔、お釈迦様の弟子に周利槃特という人がいた
物忘れがひどく、お釈迦様の教えを覚えられない

余談だが「茗荷(みょうが)を食べると物忘れする」という俗信がある
周利槃特(しゅりはんどく)は自分の名前も忘れてしまうので、いつも自分の名前を書いた名札を下げていた
その周利槃特のお墓の上に生えてきたのが茗荷だと言う
なので茗荷を食べると、周利槃特のように物忘れをすると言う話なのです
いつも自分の名をになっていると言うことから「茗荷」という名前がついたんだそうです

周利槃特は説法を覚えることが出来ない愚か者なので、お釈迦様のところから去ろうとしたときにお釈迦様は
「自分が愚かだという事を知っている者は愚かではない、自分は他の人より賢いと思っている者が本当の愚か者だ」と

そして周利槃特に「塵をはらい垢を除かん」と唱えながら、祇園精舎の掃除をするように言った
周利槃特は毎日「ちりをはらい、あかをのぞかん」と唱えながら掃除を続け
やがて、自分の心の汚れにも気づき、阿羅漢にまでなった人なんだそうです。

掃除をしていると、自分の心の汚れに気づくことがあります。
「ああ、これは隣のゴミが舞って来たんだ、嫌だなあ」とか、「前の道路は自分の土地じゃないから」とか、そんな自分の心を掃除することによって、前の道路のゴミを拾って、自分っちのゴミ箱に捨ててみると、けっこうさっぱりとした気分になれるのです。

掃除をして自分の心の醜さに気づく、愚かな自分でも掃除に依って修行ができる
これからも掃除を続けて、すこしでも周利槃特のような人になりたいと願う昨今なのでした。

[PR]
# by fujiecotour | 2013-02-12 11:39

ハネカクシ

ハネカクシが羽を展開

c0181039_1074617.jpg
c0181039_1075894.jpg
c0181039_108640.jpg
c0181039_1081532.jpg


私は表に出る時は必ず帽子を被る
ハゲカクシのためだ

[PR]
# by fujiecotour | 2012-08-01 10:09

オオミズアオ

新道峠から節刀ヶ岳を経て十二ヶ峠歩いた

その時に出会った虫達をごらんあそあせ

車を停めた新道峠登山道入り口に、羽化したばかりのようなオオミズアオが居た
大石峠にはオトシブミも居た
林の中ではエゾハルゼミが喧しく啼いていた
十二ヶ岳から降りて新道峠に置いた車を取りに仲間の車で戻った

そこには羽のしっかりと乾いたオオミズアオが未だ居た
c0181039_1852068.jpg
c0181039_1855449.jpg
c0181039_1861221.jpg
c0181039_1863690.jpg

[PR]
# by fujiecotour | 2012-06-18 18:06

食痕(しょくこん)

山を徘徊していたら木の根に鹿の食痕らしきものがあった
近くには鹿の足跡があったので鹿だろうと思った
古い食痕の隣に新しい食痕

ホンシュウジカ(だと思う)の角でバッテンをつけてある
ここから先は侵入禁止と言うことなのだろう
c0181039_17585417.jpg

c0181039_1759307.jpg

[PR]
# by fujiecotour | 2012-04-28 17:59

恐怖の青木ヶ原樹海

私はイノシシなどを追いかける猟師もしているため、よく青木ヶ原樹海付近の山野を駆けめぐっては野生鳥獣に迷惑がられている

今年はイノシシを目撃するより、白骨を目撃する事の方が多い・・

今度から山へ入るときはお線香を用意して行こう・・・
c0181039_1523115.gif

[PR]
# by fujiecotour | 2012-03-02 15:06

罠にかかった子狐



(フォントはキツネ色にしてみました)


c0181039_13573646.jpg

「キツネが罠にかかっているらしいので一緒に行って」と役場から連絡がきた
職員と現場に行くと、そこにはトラバサミに足を挟まれた子ギツネがおびえたようにうずくまっている

可愛そうに足はもうちぎれかかっているようだ

誰がかけたのか知らないが、山林に接してはいるものの周りには人家がならぶ
小さな孫を連れて見物にきた人が「畑の持ち主がかけたのかもしれませんね」と言った

袋を被せて噛みつかれないようにして罠から足を外す
外すとすぐ一目さんに逃げて行った

「死んじゃいますかね」と外すのを手伝ってくれた近所の男性が言う
「いや、野生はそんなにヤワじゃないですよ、きっと逞しく生きて行くでしょう」と私

罠をかけるには罠の免許が必要だ
それに役場の許可がないとかけてはいけない

農家の人は農作物を荒らされて罠をかけたくなる気持ちも判るが、トラバサミのような、目標を選ばない、なんでもかかってしまうような罠は止めて欲しい

もし宇宙人でもかかったりしたら大変なことになる

[PR]
# by fujiecotour | 2011-06-18 14:00

プライヤシリアゲ

富士山麓の高原にも初夏の風が吹き渡っていたある日

河口湖を見渡せる浅川の草原に、長い顔をした虫が葉っぱの上で休んでおりました

そうですシリアゲムシです

シリアゲ君は以前から知りあげましてゴザイました

オスはメスに食事のプレゼントをする事で知られております

メスがプレゼントの餌を食べている間にオスは交尾をするんだそうです

私の知人にも似たような行動を取るオスがおりますが・・

ちなみにプライヤとは英国人のプライヤさんが発見したので、その名前をとってプライヤシリアゲになったんだそうでゴザイマスよ
c0181039_16223774.jpg

[PR]
# by fujiecotour | 2011-05-26 16:22

おなじ穴のむじなかな

サルを捕獲する罠にまたまたアナグマが罠に入った

コイツはけっこう気が荒い
檻の向こうからこちらを威嚇して飛びついてくる


c0181039_1448485.jpg

あまり怒ると食ってまうぞ
・・マミ鍋にして
[PR]
# by fujiecotour | 2011-05-21 14:52

ムジナ

c0181039_17543681.jpg

前号までのあらすじ


富士山麓の村人を脅かす猩  々(サルの妖怪)の退治を頼まれた隊長、敢然と猩々(しょうじょう)に戦いを挑んだのだが、猩々(しょうじょう)ではなく獲れたのはタヌキだった


そして今日 世のため人のため村人の為、しのつく雨をおして山中に分け入り、罠の見回りに行った。

すると今度はタヌキでもなくサルでもなく
なんと(むじな)が入っていた・・・

その昔、紀伊国坂で顔のない「のっぺらぼう」に化けたと言われる、そのムジナである
タヌキなら美人に化けるのだろうが、今度はムジナなのだ

逃がしてあげたが、今夜は「のっぺらぼう」がやってくるかもしれない・・
のっぺらぼうが怖いので美人の奥さんに抱きついて寝ようか・・
そしてそっと奥さんの顔を覗いてみたら・・・

・・・きゃー!・・怖いぃぃぃぃぃ


ムジナはアナグマの別名です
地方に依っては「タヌキ」を「ムジナ」と呼ぶ地方もあるとか・・

[PR]
# by fujiecotour | 2011-05-11 17:56

たんたんタヌキのきんたろう

c0181039_17593537.jpg



前号までのあらすじ
富士山麓の村に出没して村人を困らせている猩 々(しょうじょう)

そこで悪い猩  々(さるのようかい)を懲らしめんと、猩々 捕獲 罠(さるほかくわな)をしかけておいた

そして今日
もし猿が入っていたら今晩カレーにでも入れて食ってやれと、楽しみに見に行った。
すると猿ではなくてタヌキが入っていた

タヌキ汁にでもしてみるかと思ったが
まてよ、助けてやれば今晩あたり美しい女に化けて、御礼にやって来るにちがいないと逃がしてやる事にした

今晩あたりトントンと戸を叩き「たいちょうさま昼間助けていただいたタヌキでございます」と美しい女に化けて、お酌でもしにやってくるに違いない

うふ・・楽しみでございます

[PR]
# by fujiecotour | 2011-05-07 18:02

猿が出没して浅川村の民を脅していると言う
そして町の農林課より、村人に悪さをこく猿を退治してくだされと依頼がきた
そこで今日悪戯猿を懲らしめる為に箱罠をしかけてきた

おびき寄せる餌は「サツマイモ」「ジャガイモ」「玄米パン」「歌舞伎揚」
はたしてどれが効果的か・・

猿を捕ったら食べてみようかな・・・
フグ刺しを食ったとかキャビアを食ったと自慢する知り合いに
俺は猿を食った、オマエ等は食ったことアルか?と自慢する為に・・

でも猿を食べた事が知れたら友達がいなくなるかも知れない・・

[PR]
# by fujiecotour | 2011-05-03 16:45

坂の上のクモ

さて皆様寒い日が続きますが
もうしばらくお待ち下さい
春はすぐそこまで来ております

春を待ちわびているのは私たちだけではありません
沢山の虫達も春を待ちわびているのです

春が来ないとブログネタがなくて困ります(^^;)
そこで撮り貯めた写真を公開して誤魔化そうと思います

まずは「蜘蛛」です
女が男を食べてしまう蜘蛛もいます・・おおコワ!
(なかには子供に喰われてしまう種も居ます、フクログモのオフクロは子供に喰われます)

昆虫は足が六本
蜘蛛は八本

蜘蛛の場合、交尾とは言わず交接と言うそうです
交接を迫りメスに足を喰われてしまった可愛そうなジョロウグモのオス



ちなみにジョロウグモの「ジョロウ」は、高貴な女性上臈(じょうろう)の着物のような模様からそう呼ばれるようです。

メスが食事している間に交接をしようと忍び寄るオス、
オスは手(足かも)で精子の入った袋をメスの生殖孔に渡そうをしているようです
(来世には蜘蛛には生まれ変わりたくないですなあ・・)↓



フクログモの仲間のカバキコマチグモ
オフクロは大きくなった子供に食べられてしまうそうです



触るとクルクル回るオナガグモ



アリグモ アリに擬態



富士山登頂を企むハエトリグモの仲間



ササグモ



怖がらないでゴキブリを食べてくれる人間の味方です、
アシダカグモ



アマギエビスグモ



絶滅危惧種のジグモ

[PR]
# by fujiecotour | 2011-01-31 16:00

むちゃさびぃ保護意識

去年の秋、富士山麓青木ヶ原樹海の一部の特別保護区を
入山許可をいただき歩いてみた時のこと
大きな楢の木の枝に 大きな穴が開いているのを見つけた
たぶんムササビのお家なんだろうな

この保護区に「エコツアー」と称して沢山の観光客を連れてくる業者がいる
できればそっとしておきたい 数少ない富士山の自然

↓幹ではなく枝です
c0181039_11562543.jpg

アップしてみました
c0181039_11563776.jpg

[PR]
# by fujiecotour | 2011-01-04 11:58

シモバシラ

c0181039_1654778.jpg


シモバシラに出来た霜柱・・

ええい!ややこしい!

多年草紫蘇科のシモバシラと言う植物がある

これは地上部の茎が枯れても根は水を吸い上げているらしい
c0181039_1663522.jpg


寒い寒いトテモ寒い日だった

茎は枯れており縦に割れたところから吸い上げられた水が凍ってできた氷の花

シモバシラが作った芸術作品です

携帯の写真で残念だった

c0181039_168821.jpg

[PR]
# by fujiecotour | 2010-12-27 16:09

ひっつき虫

植物の勢力拡大方法は面白い
海を流れて勢力を広げようとするものや、風のむくまま気の向くままのものなど

ひっつき虫は人や動物にひっついて分布を広げようとする植物です
オコジョやタヌキやキツネやアナグマやイノシシやクマやヒトなどに

イノコヅチもひっつき虫



c0181039_13212283.jpg

そのイノコヅチの茎に虫こぶがあった
イノコヅチクキマルズイフシらしい

c0181039_13191989.jpg


作ったのはタマバエのようだ
この虫こぶも虫達の繁殖方法のひとつだが面白い
このタマバエはイノコヅチだけに特定依存するようだ
c0181039_132152100.jpg

[PR]
# by fujiecotour | 2010-11-05 13:22

ジガバチ

ジガバチ



地面に穴を掘るときにジガジガと音を出すことからついた名前らしい
幼虫の為に麻酔をかけたイモムシを穴に運び込むジガバチ










[PR]
# by fujiecotour | 2010-10-22 09:30

そして



麻酔銃を持ってる県職員が来た

でも

銃を撃った事がないので撃てないと言った

しょうがないので高所作業車を呼んだ

そして木の上に居るクマに近づき

麻酔薬を塗った吹き矢で眠らされた

再びクマは放された

今度は富士山に放された

富士山じゃダメじゃん・・


c0181039_179513.jpg

[PR]
# by fujiecotour | 2010-07-30 17:11

そうしたら


仲間の予言どおり戻ってきた

そして遊園地に遊びに来た

大騒ぎになった

なんにもしてないのに

オレンジ色の怖いオジサンや

オマワリさんや

吹き矢を持った髭面や

報道の人に周りを取り囲まれた


c0181039_16533959.jpg



[PR]
# by fujiecotour | 2010-07-30 16:56

クマ

クマが出た
罠で捕獲した
山へ放獣した・・
仲間が呟いた
きっとすぐに戻ってくる
そうしたら・・・

c0181039_16393851.jpg


[PR]
# by fujiecotour | 2010-07-30 16:43

ドロバチ

エントツドロバチ
c0181039_13461414.jpg

生活が判りやすい名前だ

ではなんでエントツドロバチと呼ばれるのでしょう

1,エントツ掃除を生業としているから

2,エントツ状に巣を作るから

3,エンタツ-アチャコの真似をするから

↓スズバチ↓

c0181039_13463242.jpg

答えはコマーシャルの後
このドロバチやスズバチの模様は、怖い怖いスズメバチの擬態なのだろうか


※エンタツアチャコを知らないよゐこは、インターネットで検索してみよう

[PR]
# by fujiecotour | 2010-07-13 13:49

はむしのはなし

c0181039_11463424.jpg

ハムシは悪いヤツずら



植物の葉をむしゃむしゃ食べちゃってるずら

オイラはイタドリハムシ

「ほんなこと言うならおまん等人間だって悪いヤツじゃんけ

葉っぱどころか動物や魚を食べるじゃんけ」




c0181039_11471737.jpg



ワカバグモは良いヤツじゃんけ

葉っぱを食べる青虫を食べてくれてるじゃんけ

ワカバグモ談

「別に良いヤツって訳じゃねーと思う

相対的に見ると青虫からしてみりゃ

オイラなんて鬼に見えてると思う

それに虫なら人間だって喰ってべ

ザザムシや蜂の子やイナゴなど・・」




[PR]
# by fujiecotour | 2010-07-03 11:52

アナバチ?それともドロバチ?

アナバチなのだろうか?ドロバチなのだろうか


面に穴が開いている
c0181039_179245.jpg



※タコツボトーチカ=1人用塹壕
※塹壕=敵弾を避けるために作る防御施設。溝を掘り、前方に掘った土や土嚢(どのう)を積み上げたもの


アナバチのタコツボトーチカなのだろうか
そのトーチカからアナバチの仲間らしきものが出てきた

そして出てきた穴をせっせと塞ぎ始めた

c0181039_1791896.jpg



埋め終わったらどこかへ飛んでいってしまった
c0181039_1792781.jpg

アナバチ(ドロバチ)は狩りバチ
きっと、子供にたべさせる青虫などを穴の中に気絶させたまま運び込んで
子供が目覚めたときの「おめざ」にしておいて、お母さんは家に鍵をかけパートにいったのだろうか



[PR]
# by fujiecotour | 2010-06-28 17:28